PHP4からPHP5への移行に関しての注意点など

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
Interfaceの新規サポートによる問題
PHP5より、Javaと同機能の interface がサポートされたことで、interface(case sensitive)が新たに予約語とされたため、既存コードで、
class Interface {

}
$if = new Interface;
などのように利用している場合は、文法エラーとなる。 その他、増えた予約語は、以下のコマンドでPHP定義済みクラスの一覧を出力して 確認することができます。

i18n系関数が削除されたことによる問題
PHP5でPHP3の遺物であるi18nへのエイリアスが、削除されたため。 以下の関数を使っている場合は注意!
requireで問題なかったところがrequire_onceじゃないとエラーになる

オブジェクトの代入の扱いが変わった
PHP4まではオブジェクトのコピーはディープコピーを行っていたが、PHP5ではデフォルトでシャローコピーで行われる。 オブジェクトをディープコピーするには、cloneを使う必要がある

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: PHP4からPHP5への移行に関しての注意点など.

TrackBack URL for this entry: http://lab.hde.co.jp/blog/mt-tb.cgi/4

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Taizo ITO published on January 7, 2008 5:02 PM.

RBLサーバー一覧 was the previous entry in this blog.

Python標準ライブライリを使い倒す(smtpd編) is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.