Python標準ライブライリを使い倒す(smtpd編)

| | Comments (0) | TrackBacks (0)

環境

  • OS : CentOS 5
  • Python : 2.4
  • 追加パッケージ : なし
  • 備考 : OS依存なし

Pythonの標準ライブラリだけでSMTPプロキシサーバーを作成することができるのでそのサンプルプログラムを掲載します。

  1 #!/usr/bin/env python
  2 # -*- coding: utf-8 -*-
  3 #
  4 # testsmptd.py - サンプル SMTP プロキシ
  5 #
  6 import asyncore
  7 import smtpd
  8 
  9 __all__ = ['TestSmtpd', 'TestSMTPChannel']
 10 __version__ = 'Test smtpd 1.0';
 11 
 12 class TestSmtpd(smtpd.PureProxy):
 13     """smtpd.PureProxyを継承する。
 14     基本的にはOverrideを行うことで機能の追加を実現できる。
 15     """
 16     
 17     def handle_accept(self):
 18         """Override
 19         """
 20         conn, addr = self.accept()
 21         print >> smtpd.DEBUGSTREAM, 'Incoming connection from %s' % repr(addr)
 22         channel = TestSMTPChannel(self, conn, addr) # 任意のオブジェクトで生成する。
 23 
 24 class TestSMTPChannel(smtpd.SMTPChannel):
 25     """一つの接続あたり1つのTestSMTPChannelインスタンスが生成される。
 26     """
 27 
 28     def smtp_TEST(self, arg):
 29         """テスト用のメソッド
 30         """
 31         self.push('Test print HOGE arg=%s' % arg)
 32         
 33 if __name__ == '__main__':
 34     """起動時に実行される処理です。
 35     TestSmtpdの説明 : TestSmtpd(('ルックアップするアドレス', ルックアップするポート番号)
 36                           ,('転送先アドレス', 転送先ポート番号))
 37     """
 38     test_smtpd = TestSmtpd(('0.0.0.0', 8025), ('localhost', 25))
 39     asyncore.loop()


サンプルを試してみる

1. 上記のプログラムをtestsmtpd.pyというファイル名で保存します。
2. 以下のコマンドでプログラムを実行します。(今回のプログラムは常駐型です

# python testsmtpd.py
3. 以下のコマンドを実行し動作を試してみてください。
# telnet localhost 8025
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.localdomain (127.0.0.1).
Escape character is '^]'.
220 hoge.hde.co.jp Python SMTP proxy version 0.2
test
Test print HOGE arg=None
test hoge
Test print HOGE arg=hoge
helo localhost
250 hoge.hde.co.jp
mail from: root@localhost
250 Ok
rcpt to: root@localhost
250 Ok
data
354 End data with .
Subject: test

test

.
250 Ok
quit
221 Bye
Connection closed by foreign host.
4. メールがroot@localhostに届いているか確認してみましょ~。

参考URL :

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: Python標準ライブライリを使い倒す(smtpd編).

TrackBack URL for this entry: http://lab.hde.co.jp/blog/mt-tb.cgi/5

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by kei published on January 7, 2008 5:13 PM.

PHP4からPHP5への移行に関しての注意点など was the previous entry in this blog.

日経225のSPF対応状況(2008年1月) is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.