Red Hat Enterprise Linux release 6.0 Beta を試してみた

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
Red Hat Enterprise Linux release 6.0 Beta (Santiago) (以下RHEL6)を使用してみて気づいた点をメモ的に残しておきます。
なお、現時点(ベータ版)での検証結果であり、正式リリースでは以下の動作は保証されませんのでご了承ください。 また、現在も検証の最中ですので、今後変更点など気づいた時点で、随時内容を追加、更新します。興味のある方はまたチェックしてみてください。
■変更点
  1. - デフォルトのファイルシステムがext4になった。
  2. - caching-nameserverパッケージがbindパッケージに統合された。
  3. - vsftpdのデフォルト設定では、ローカルユーザはFTPログインできない
  4. 「#local_enable=YES」のコメントを外して再起動する
  5. - portmapからrpcbindに変更された。
  6. - RPMのSPECファイルの書式に若干の変更があった。rpm-4.8 以降の仕様変更
  7. - PreReq と BuildPreReq は deprecated 扱いになった。
     PreReq は、Requiresへ、BuildPreReq は BuildRequires への書き換えが必要。 PreReq -> Requires(triggerin) や Requires(triggerpostun)
    - Patchタグで番号をつけて宣言した場合(Patch0:)に、%patch のようにパッチ番号を省略すると、エラーになる。厳格に番号を指定しなければならなくなった。
  8. - dhcpの設定ファイル位置が変更された。
  9. - /etc/dhcpd.conf から /etc/dhcp/dhcpd.conf に。
  10. - rpmのデフォルトのビルドディレクトリが変更された。
  11. - 「_topdir %{getenv:HOME}/rpmbuild」
  12. - rpmbuildのpatchのオプションが変わった。
  13. - fuzz=0 でパッチのチェックが厳密になった。
    - _default_patch_fuzzというマクロで制御できるらしい。
  14. - lsコマンドの出力結果にACLの情報が付加された。
  15. - shadowのデフォルトの暗号方式がMD5からSHA512に変わった。
  16. - /etc/pam.d/system-authのpassword管理グループの設定で切り替え可能。
■その他気づいたこと
  1. - Beta現在のopenldap-serversパッケージのパッケージングに不具合らしきものがあり使えない。
  2. - 設定ファイルが空になる。
    - configtestでDBエラーがでる。
    - 不具合でないが、initスクリプトのファイル名がldapからslapdになった。
    - 不具合でないが、initスクリプトのrestartは、起動中でないと動作しないようになった。
  3. - ntpの起動時、空のdriftファイルだとエラーが表示される
  4. - デフォルトの周波数である1e9を書き込むとエラーにならない
    - RHEL6のntp-4.2.4で起きるが、ntpの最新の4.2.6では起きない
  5. - authconfigでldap認証の設定が正しく書き込まれない
  6. - /etc/nslcd.confから"pam_password"パラメータの設定を削除しないと、nslcdサービスが起動できない

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: Red Hat Enterprise Linux release 6.0 Beta を試してみた.

TrackBack URL for this entry: http://lab.hde.co.jp/blog/mt-tb.cgi/168

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Taizo ITO published on July 13, 2010 1:30 PM.

OpenSSL 1.0.0 がでました。 was the previous entry in this blog.

Scala勉強会に参加しました is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.