web.pyのテンプレート機能を使ってみるぞなもし

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
HDEラボの桜井です。
今日は節分ですが、私は恵方巻にはあまり縁がないので歳の数だけ豆を食べました。

さて、今日はweb.pyというpythonの簡単なWebフレームワークに付属する
テンプレート機能の使い方を簡単に説明したいと思います。

まず、下記からweb.pyをゲットしましょう。(downloadより取得してください)
http://webpy.org/

それから、web.pyを導入します。
# tar zxvf web.py-0.31.tar.gz
# cd webpy
# python setup.py install

これで下準備ができました。

それでは、テンプレート機能を使ってみましょう。
まずは、pythonプログラム側のサンプルです。
import web.template

# ./templateディレクトリの下にテンプレートファイルがあります
render = web.template.render("./template")

# ちょっと複雑な構造のデータを差し込みます
values = [{"id" : 1, "name" : "BOB"},
               {"id" : 2, "name" : "KATE"},
               {"id" : 3, "name" : "DiCaprio"}]

# index.htmlというテンプレートファイルに値を渡してレンダリングします
print render.index(values)

次に、テンプレートファイル(./template/index.html)です。
$def with (values)
$for person in values:
  id=$person["id"], name=$person["name"]

実行結果は、下記のようになります。
id=1, name=BOB
id=2, name=KATE
id=3, name=DiCaprio

ちょっとしたテンプレートを使う場合には便利だと思います。
for文やif文などはそのままpythonの文法で書けますし。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: web.pyのテンプレート機能を使ってみるぞなもし.

TrackBack URL for this entry: http://lab.hde.co.jp/blog/mt-tb.cgi/90

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Takeshi SAKURAI published on February 3, 2009 5:25 PM.

emacs上でpythonコードをデバッグする was the previous entry in this blog.

TwistedでCGIの動くWebサーバを書いてみる、にBasic認証機能を追加してみる is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.