TwistedでCGIの動くWebサーバを書いてみる、にSSL機能を追加してみる

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
HDEラボの桜井です。
「まいど1号」が無事軌道に乗ったようですね。

今日は、ちょっとしたことで、前回書いた記事のWebサーバにSSL機能を追加してみようと思います。

まず、ライブラリを読み込みます。
from twisted.internet import ssl


それから、下記のようにサーバを設定します。
# SSL証明書の設定
sslContext = ssl.DefaultOpenSSLContextFactory(秘密鍵のパス, 証明書のパス)

# SSLサーバの定義(site変数は、前回の記事で出てくる変数)
sslServer = internet.SSLServer(443, site, sslContext)

# SSL対応Webサーバの開始(application変数も前回のもの)
sslServer.setServiceParent(application)


いろいろ用途も考えられるかと思いますので、この際にTwistedを試してみてください。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: TwistedでCGIの動くWebサーバを書いてみる、にSSL機能を追加してみる.

TrackBack URL for this entry: http://lab.hde.co.jp/blog/mt-tb.cgi/88

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Takeshi SAKURAI published on January 23, 2009 6:43 PM.

Pythonテンプレートエンジン Mako was the previous entry in this blog.

emacs上でpythonコードをデバッグする is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.