Twistedに挑戦(インストールするゼ)

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
HDEラボの桜井です。
もう10月、ラボをはじめて半年以上過ぎましたね。
相変わらず新しい製品企画を考えたり、実際開発したりの毎日です。

ところで、Twistedというイベント駆動型のPythonで書かれたネットワークライブラリ(本家ではネットワークエンジンと表現されていますが)をご存知でしょうか?
身近?なところではBitTorrentなんかで使われています。

Twisted公式サイトはこちらです。

Twistedを使うと、結構簡単にネットワークアプリを作ることができます。
これから数回(回数は決めてませんが)、Twistedを使ったサンプルや導入方法などを書いていこうと思います。
まず、自分の環境はこんな感じです。

・CentOS 5.2(x86_64)
・Python 2.4
・gcc 4.1.2

それから、次のライブラリが必要です。
・Zope Interface
こちらから

まずは、Zope Interface から導入します。
$ wget http://www.zope.org/Products/ZopeInterface/3.3.0/zope.interface-3.3.0.tar.gz
$ tar zxvf zope.interface-3.3.0.tar.gz
$ cd zope.interface-3.3.0
$ python setup.py build
$ sudo python setup.py install

次に、公式サイトからTwisted-8.1.0をダウンロードして導入します。
$ wget http://tmrc.mit.edu/mirror/twisted/Twisted/8.1/Twisted-8.1.0.tar.bz2#md5=a575f29ead4cc02c54e9061d0e6ac7c3
$ tar jxvf Twisted-8.1.0.tar.bz2
$ cd Twisted-8.0.1
$ python setup.py build
$ sudo python setup.py install
これでひとまずTwistedがインストールされました。 簡単なサンプルで確認してみましょう。 静的なHTMLファイルを表示するだけの簡易Webサーバです。
from twisted.web import server,static
from twisted.internet import reactor

toplevel = static.File("/var/www/html")
site = server.Site(toplevel)
reactor.listenTCP(10080, site)
reactor.run()

これでTCP10080番ポートへアクセスすると、"/var/www/html"以下にあるHTMLファイルを表示でします。
今後、少しずつ調べながら連載していこうと思います。

夜露死苦

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: Twistedに挑戦(インストールするゼ).

TrackBack URL for this entry: http://lab.hde.co.jp/blog/mt-tb.cgi/63

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Takeshi SAKURAI published on October 16, 2008 11:29 AM.

多段の中間CA証明書作成 -動作検証編- was the previous entry in this blog.

TwistedからPostgreSQLに接続するゼ is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.