TwistedをRPM化する際にヤラレた(x86 32bit にて)

| | Comments (0) | TrackBacks (0)

HDEラボの桜井です。
今日もTwistedネタです。最近やられっぱなしなので。

ちょっとx86(32bit)でもRPMを作ろうとしたところ、結構ハマったのでメモ。

<環境>
CentOS5.2(32bit)
Python 2.4とRPMで提供されているもろもろのパッケージ


まずは、PythonのRPMパッケージについて。
"python-setuptools"がインストールされている場合、debugパッケージの作成でコケます。
自分はいったんサーバからアンインストールしました。
何故かはまだ追い切れていませんが、誰か教えてw

そしては必須のzope.interfaceから。
まずはzope.interface-3.0.tar.gzを解凍して、setup.cfgに下記の記述を追記します。

 
[install]
optimize = 1

それからいったんRPM作成を試みます。

 
$ python setup.py bdist_rpm

ところが、下記のメッセージを吐いて止まります。


 
Traceback (most recent call last):
File "setup.py", line 55, in ?
long_description=(
File "setup.py", line 46, in read
return open(os.path.join(os.path.dirname(__file__), *rnames)).read()
IOError: [Errno 2] No such file or directory: 'CHANGES.txt'
エラー: /var/tmp/rpm-tmp.553 の不正な終了ステータス (%build)


RPM ビルドエラー:
/var/tmp/rpm-tmp.553 の不正な終了ステータス (%build)
error: command 'rpmbuild' failed with exit status 1

そこで、MANIFESTファイルに下記の記述を追記します。


 
CHANGES.txt
src/zope/interface/README.txt
src/zope/interface/adapter.txt
src/zope/interface/human.txt

もう一度パッケージ作成を試みると、RPMパッケージが無事作成されます。

この状態で、最後にTwistedをパッケージ化しますが、こちらは以前記事で解説したとおりで問題ないようです。


0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: TwistedをRPM化する際にヤラレた(x86 32bit にて).

TrackBack URL for this entry: http://lab.hde.co.jp/blog/mt-tb.cgi/79

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Takeshi SAKURAI published on January 6, 2009 11:22 AM.

Twisted-8.2.0が出ています was the previous entry in this blog.

(業務連絡)本日18:30から1/19 10:00ごろまでサーバ一時停止します is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.